キャンプやったの?



台風が来るのは想定の範囲内だった

雨が降るのは想定の範囲内だった

暑いのは想定の範囲内だった

だから中止になるのは想定の範囲内だった

でもそのすべてが想像を超えていた

楽しみにしている人がいる

かといってあぶない目にあわせるわけにはいかない

そのジレンマが

決断を遅らせた

99.9%

中止のはずだった

いろいろな準備が

無駄に終わることは

覚悟していたことだから

0.1%の決断が

迷惑をかけてしまうことの方が

もうしわけないとだけ思っていた

キャンプは行われた

みんな来てくれるのか不安だった

0.1%の決断は

単なる自己満足でしかないかもしれないから

それでも

朝から粛々と最後の準備を始めた

台風が過ぎたからといって

雨が止み

風が収まる保証はない





2日目早朝、みんなを送り出した

その間に朝ごはんの準備

みんなが昆虫採集に行っている間に急いで支度をする


みんなが帰ってくる

今日は暑くなりそうだ


水分を補給

2日目の戦いが始まる

まずは腹ごしらえ



さびしいお別れもしなければならない

これからは想定してた暑さがみんなを襲うはずだ

標高500メートルに上がっても

夏は夏

でも初めて、少し想定と違った

日差しは熱いけど、風がひんやりしてる

それでも油断はできない

今日は2日目だ

疲れも出てくる頃

実際、何人かは無理をせずここには来なかった

そして

キャンプは終わった

想定していなかった結末は迎えずにすんだ



思い出、つくれたかな

いろんな人が

みんなの為にがんばって考えた

伝えたいことがいっぱいあった


それこそ自己満足だったかもしれないけど
うまく伝わらなかったかもしれいないけど。。。


夏は始まったばかりだ


と、ガラにもなく「哀愁編」でした。実際のキャンプはエキサイティング。
それは「くらしと四季」で!

■■■■■■
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
■■■■■■