2018年1月29日月曜日

雪!北摂里山大学はあったのか?(1月27日国崎・黒川)

1月27日(土) 北摂各地で昨日からの雪が「寝(?)雪」に
道路の凍結が心配されました。

出発場所の川西能勢口でも雪が残っています
黒川では70cmの積雪とも、大丈夫かなあ
4年前は同じ黒川での研修は中止しました
国崎クリーンセンターです
午前中はここで座学なので道路さえ行ければと
決行したのでした
クリーンセンター2階からの景色
途中、日陰の道路では雪のため
クルマが立ち往生してました
予定より少し遅れて始まりました
午後に行く黒川・桜の森で活動されている
菊炭友の会さんの講演です
豊中の小学校で披露した教材を敢えて使って
話しが進められました
これまでの講義とはまた違った話しを聞くことができました
予定では講演の後、国崎クリーンセンター裏の保全林に
行くとこになってましたが、先にお昼ということに
国崎クリーンセンターの楽習館を運営されている
「ゆめほたる」さんから豚汁の振る舞いです
からだが暖ったまったところで
保全林に向かいましょう
ゆめほたるさんはここで保全活動もされています
ゆめほたる。。。そうホタルの名所でもあるのです
ここも昨年秋の台風の被害を受けました
今は立ち入りが禁止されています
間歩跡まで来ました
申し遅れました 今日、引率してくださっているのは
皿池湿原のとき、お世話になった石田先生です
思わぬ雪でしたが、なかなか経験できないもんです
足下を確かめながら歩いていきます
国崎クリーンセンターは「北摂里山30」のひとつです
ゴミ焼却場を里山?じゃないことがわかりましたね
間歩(まぶ・鉱山跡)も残るこの場所は
なかなか見ることがない植物も発見され、保護されています
場所は変わって徳林寺です
黒川ケーブル駅の近くにあります
ここで冬場の保全活動を体験してもらいます
裏山がその場所です
クヌギ林です
ここで笹刈りをしてもらう予定でしたが
雪ということもあって・・
笹の方は機械での刈り取り実演を見てもらうことにして
「もやかき(枝を間引く作業)」の方をしてもらうことに
雪が少し激しくなってきました
切り株から出てくる萌芽枝を
必要なものだけ残して切っていきます
雪が降ったり、晴れたり
山特有の天気です
気づいたでしょうか
ここの台場クヌギは切り株の高さが高いことを
鹿対策としての試みだそうです
ただ、肩より高い場所にチェーンをいれるのには
かなり気をつかったそうです
最後の訪問場所に向かいます
国道でバスを降り、坂を下っていきます
バイオトイレを通って黒川・桜の森へ
ドラム缶ストーブ?が待っていました
班にわかれての案内が始まります
ここのクヌギ、キセラに移植されています
炭窯に向かいます
その名のとおり、菊炭友の会は
炭を焼いています
ちょうど今シーズンの炭焼き始まるところです
クヌギの保全と炭焼きがこの景観を生んでいるのです
そしてここのもう一つの魅力が桜です
エドヒガン
今年はいつ咲いてくれるのでしょう
ここでの炭焼き体験はコチラ
里山大学、次はいよいよ最終回です
-------------------------------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------------