11月27日(水)サポーターズクラブ遠征研修レポ!

11月27日(水) サポーターズクラブ遠征研修
「ジオパークサスティナブル2019」レポをお送りします。

今回は長距離の研修となりますが
山陰海岸ジオパーク推進協議会の植田さんに
同乗していただき、熱烈解説でもって
バスの時間を忘れさせていただきました


途中のバスからの景色です
丹波は紅葉真っ最中


予定どおりコウノトリの郷公園に着きました
まずはコウノトリ文化館に入って説明&映像


飛び立つコウノトリ!
今日はよい天気に恵まれました


しかも今日は普段より数が多いそうです
野生のコウノトリが来ていたとか


「豊岡市立コウノトリ文化館」全景です


コウノトリの郷公園は県や市や団体で運営されています


文化館では室内からコウノトリを見ることができますので
寒い日や雨の日OKですね


ではコウノトリをバックに記念撮影!


お昼は外で弁当を広げました


この日は南丹市からの撮影が入っていました
11月2日のフォーラムで流れた
「森林プランナー 内海美沙さん」のビデオも撮った
チームだそうです


そしてさらに「コウノトリと里山」との関係を深める為に戸島湿地へ
このクルマは通り道にあるカフェに置いて(停めて?)ありました


一度は絶滅したコウノトリ。
「野生復帰」をキーワードに、豊かな生態系の再生を目指す取組みが
世界に認められ、2012年7月、「円山川下流域・周辺水田」が
ラムサール条約に登録されました。


ここ「ハチゴロウの戸島湿地」もそれに含まれています


日本各地の発見者がネットワークを使って
コウノトリの追跡が行われているそうです


観察小屋からの眺め


丸山湿原群とはまた違いますね


コウノトリの郷公園とはまた違った角度から
いろいろお話をうかがうことができました
生物多様性の頂点と言われるコウノトリです


それでは余部鉄橋に向かいましょう


ここは観光ボランティアさんに案内していただきました
「余部クリスタルタワー」へ向かいましょう


エレベーターを上がって「空の駅」です
空は曇っていますが波は穏やか


天空の「廃線敷?」も歩けます


地上へは歩いて帰りました


昔の鉄橋
ここに駅がなかったころは地域の人は
トンネルの中を歩いて遠くの駅まで行ったそうです


そう、山陰海岸ジオパークは再認定されたのでした
4年に一度審査があるとは厳しいですね


最後の目的地、新温泉町にある
「山陰海岸ジオパーク館」です


シアタールームに入りましたが


そこで見たものはシアターではなく「館長劇場!?」でした
巷では超有名な方なんです


館の目の前には日本海が


日本海が出来た歴史から里山を考えます


大丈夫?と思うほどエネルギッシュに説明される館長
説明には「チコちゃん」まで飛び出しました


ここには実験装置もあります


川のできる仕組みがわかります
洪水の怖さも知ることができます


日本海をバックに(窓の外ですが)記念撮影
日本列島を前に記念撮影が正しいか?(。゜▽゜)


最後までエネルギッシュな館長
記念品までいただきました


帰りのバスの中
みんさんお疲れかと思いましたが
起きてる方が多かったので里山フォーラムで上映したビデオや
保全団体の記録ビデオを流しました


予定より遅れて8時半に宝塚に到着 皆様おつかれさまでした
楽しんで(勉強して)いただけましたでしょうか。

12月19日(木)にはサポーターズクラブハイキングを行います。
近日案内発送いたします。
------------------------------------------ --- -- -
最新の北摂里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
---------------------------------------------------------

コメント