2017年8月1日火曜日

「里山キャンプ in 黒川」ダイジェスト(初日明るい間編)

7月30日(日)、31日(月)に行われた「里山キャンプ in 黒川」の速報です!
週間予報では雨マークはなかったものの
いつザッと降って来てもおかしくないのが山の天気・・
各地ではゲリラ豪雨も起きているし
「ひとえにザッと降ってよ!」と叫びたくなるほどの蒸し暑さ
湿度120%ちゃうの?
こんだけ蒸し暑いと川遊びの方がいいよなーと思えてしまう(>_<)
(残念ながらコチラは違うグループです)
いけない、いけない、今日は虫採りキャンプです。
電車&バスかマイカーで黒川の知明湖キャンプ場に
やって来たのでした。
村上局長、黒川自治会さんからエールをもらって
2日間お世話をしていただく
お兄さんのアイスブレイクからスタートです!
そして登場するは虫取り名人、足立先生!
箱から、なにやら取り出します
「何が始まるねん?」と青虫が見守る?なか
トマト!
魚!
あ、そうか、まずは腹ごしらえね
ではなく、これは川の団体の方のキッチンでした・・
魚をつかみ取りして焼いて食べるわけですね
(いいなー)
邪念を捨てて、話しを戻しましょう
箱から出てきたのは、すしのこ? 一味唐辛子?
やっぱり「腹が空いては戦はできぬ」から始めるの
実はこれらで虫取りのトラップを作るんです!
でもなんで、すしのこ? なんで唐辛子?
手前の方はなんとなくわかるけど
ペットボトルや紐だよね
では説明を
地面に穴を開けてコップを入れます
中に餌を入れてコップの縁の周りを一味唐辛子で
輪を描きます。一味唐辛子はおまじない?
論より証拠! 仕掛けに行こう!
向かったのは黒川・桜の森
バイオトイレがあるところです
(あ、それよりも有名なところです)
ココにトラップを仕掛けます
この森は黒川自治会の森、そして菊炭友の会という団体が
管理されています。 両方に許可をいただいていますよ。
木にペットボトルで作ったトラップを引っかけて
樹液に替わりに蜂蜜入りの特別シロップでおびき寄せます
木の幹の下も、ねらい所
一味唐辛子は穴に落ちた昆虫を獣が食べないように
近づけなくするためです
今日は仕掛けだけ
明日の早朝、朝6時!(うおおっ)に回収だっ!
帰ってきたら夜のバーベキューの用意をするぞ
黒川の婦人部の人たちにお世話をしていただきました
まずはバーベキューコンロとなるドラム缶を運べ!
これで焼くんだね
準備はできたか?
炭が来たぞ!
クヌギ? 菊炭って書いてある
なんのこと?
黒川の野菜がどんどん切られていくぞ
なんで薪じゃなくて炭なのかなー
といいながら炭を詰め込む子ども達・・
「後は火が起きるのを待つだけなんだが・・」
と見守るお姉さんとお兄さん
こっちも冷やしトマトだっ!
(でも食べるの忘れてたー)
私も野菜すんの、手伝うよ!
キャベツっって難しいよね?!
(私じゃないよ)
ボールに取り分けて
始まったぞ!
お肉は何故か「近江牛」。「黒川牛」じゃないの?
(もともとそんなのありません)
でも、「近江牛」って有名なんだよね
釜焚きのご飯もあるぜよ
みんなが食べてる間にも夜の準備
2時間経ってもさすが菊炭 延々と燃えてる
ドラム缶から集めて火消し缶に入れておこう
ちなみに翌朝は牛乳パックを使った朝ごはん
カートンドッグなのでした
こんときもお手伝いしたよ
「里山キャンプ in 黒川」ダイジェスト(初日暗い編)に続く・・
-------------------------------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------------