2017年2月21日火曜日

2月18日(土) 第11回北摂里山大学ワークショップ&修了式

2月18日 いよいよ北摂里山大学は最終日を迎えました
物悲しげな人形。。。
第11回、それは今年度の最後の授業の日です
この1年を振り返ると懐かしさがこみ上げてきます
ワークショップが始まりました
あらかじめ付箋に書いていただいていたみんなの里山についての
想いを打ち明けていきます。
ちなみにファシリテーターはこの大学の修了生です
何を書いているのかな
人形は発言する人が持つマスコットです
ここで席替えです。提示された3つの仮想の里山放置林から
1つを選んでいただいて、そこで活動していただくというミッションです
特徴を持った3カ所の里山放置林をセットしたのですが
そのうちの1カ所は誰にも選ばれませんでした。
その理由は後からわかって来ます
同じ里山放置林場所を選んだグループ内で
ここを選んだ理由を話し合っています
そしてその場所を再生する事業計画を発表してもらいました
村上県民局長の挨拶のあと
修了生に修了証書が服部学長よりおくられます
なぜか皆勤賞として環境課の両名にも記念品が贈られました
わたしも皆勤なんだけど・・・(-_-)
受講生にはもっと手厚い記念品が
全員に植生調査用の専用ペン、これ、ただのペンではありません
そして修了生にはオリジナル選定ばさみ!
不謹慎ながら思わず言いましょう
受講料、絶対、元が取れてます
修了生のOB会「北摂里山愛す会」も出席、その活動を紹介しました
交流会では副局長がご挨拶
局長、副局長が出席されたのは里山大学始まって以来
期待の大きさがうかがわれます
ファシリテーターさんとワークショップの途中、相談しましたが
あえてグループで話されていることに軌道修正かけないことにしました。
そのことは服部学長が当然指摘されるであろうし、学長の言葉として伝えて
いただく方がよいと判断したからです。

交流会では涙する人もあり、感無量でした。
第5期のみなさんの今後の活躍を期待いたします。
関心があれば第6期の授業にも来てください。OB会に入会されれば私たちとのお付き
合いもずっと続きます。
そしてなによりも活動団体に所属されることを望みます。みなさんがワークショップで
抱いた夢は危うい状態にあります。里山より先に活動団体が消滅してしまう事態にある
のです。関わり方は団体と相談できるものと思います。

なにはともあれ1年間ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------

有馬富士公園きのこ観察会レポ!(わんばージョン)

7月22日(土)に開催された有馬富士公園でのきのこ観察会のワンカメラレポです(>_<) 黄色と緑のコントラスト 今日は有馬富士公園で活動されている緑の環境クラブ 20周年記念イベントの一つ、「きのこ観察会」です 緑の帽子は三田市の「緑の少年団」...