2016年8月29日月曜日

8月27日(土) 北摂里山大学第4回 丸山湿原・戸山湿地

北摂里山大学、第4回は宝塚の丸山湿原・戸山湿地視察です。

宝塚駅前からマイクロバス2台で向かいます。
大型バスが通れない道があるのです。
戸山湿地がある宝塚西谷の森公園につきました。
午前中はここの東の管理棟にて座学です。
神戸大学の武田先生より湿原の特徴と魅力について。
丸山湿原の保全にずっと関わってこられました
ひょうご環境創造協会の矢倉さんからは丸山湿原での
これまでの取り組みについて
県民局環境の樋口参事は丸山湿原が天然記念物指定に
至った過程を
ここの事務局長の古家さんより西谷の森公園の紹介も
昼食のあと、先に丸山湿原に向かいます。
バスで5分ほど。写真は管理棟にあるジオラマです。
連日の猛暑対策として氷った飲料と塩飴を配布しました。
なのですが、今日は打って変わって暑くない
体力の消耗は少なそうです
丸山湿原では来た目的によって分けてある穴に石を入れます。
ここは天然記念物指定地域ですがハイカーに人気の
コースの一部になっています。
ですので保護地域に入らないよう木道や柵が設けられています
最初に来たのは第3湿原です。夏の湿原の花サギソウは
今年は咲くのが早かったようです。
第1湿原が見えてきました。
昨日、短時間ですが雨が降りました。町中はすぐ乾きましたが
ここに来る道ではところどころで水が浮いていました。
ここ第1湿原では中に入り込まれないよう
視点場が設けられています
座学でお話もいただいた丸山湿原群保全の会の岩崎さん。
この後、四十数年ぶりの出逢いがありました。
ところどころにある赤い目印が痛々しいです
第4です。サギソウは見れたかな?
次の視察地、戸山湿地へ
湿原と湿地、どう違うのでしょうね?
戸山湿地は西谷の森公園の西の谷にあります
座学を行ったのは東の谷です
西の谷は農舎があるところ
北摂里山博物館のリーフレットでおなじみのところです
農舎の奥はビオトープになっています
温室や池
湿地に行くまでも
いろいろな観察ができます
東屋です。ついこないだ天井に蜂の巣があったそうです
ここの湿地は川のように細長い帯状に広がっています
戸山湿地については後ほど詳しく

戸山湿地で受講生の1人と丸山湿原群保全の会の岩崎さんが高校時代の同級生
だったことがわかりました。巡り合わせですね。
この後、管理棟に戻って締めの講義を行い、バスで宝塚に向かったのですが
その宝塚でマリリンに遭遇。近くの協会で音楽会があり、そこでSATOYAMAを披露した
ところだそうです。これもまた巡り合わせですね。

里山大学、次は有馬富士公園で植生調査です。

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------

有馬富士公園きのこ観察会レポ!(わんばージョン)

7月22日(土)に開催された有馬富士公園でのきのこ観察会のワンカメラレポです(>_<) 黄色と緑のコントラスト 今日は有馬富士公園で活動されている緑の環境クラブ 20周年記念イベントの一つ、「きのこ観察会」です 緑の帽子は三田市の「緑の少年団」...