2016年6月5日日曜日

こども探検隊イブニング&ナイト ホタルに出逢えた!? (ナイト編)

6月4日(土) 開催の「こども探検隊イブニング&ナイト」 ナイト編です・・・
と言いたいのですが、ホタル観察は懐中電灯禁止。普通のカメラでは写らないし、
まずはイブニング編の補足から。

イブニング編は自然観察と危険な箇所の確認が目的
昆虫を捕まえる時間はあんまりとれなかったけど
クワガタを2匹ゲットしたおじさんもいました
雨が気になります 暗くなったら本降りになりそうな雰囲気
林の中は木や葉で覆われて雨を防いでくれていました
昆虫博士に何を聞いてるのかな
さあ夜です。雨が少しキツくなってきました
観察を考慮してカメラのフラッシュも最小限に
林の中は懐中電灯がないと歩けないくらい真っ暗です
観察を終えて帰って来ました
で、ホタルはどうだったって?

「1匹もいなかったらごめんな・・・」、いつになく?弱気な八木先生でしたが
ホタルに出逢えました!

最初の目的地では目をこらしてジッと見てないといけないくらいしか飛んでなかったんですが
「進撃の調査隊?」からの報告で川下へ。
ちょうど森から抜けるあたりでホタルがまとまって飛んでいました。
目の前を飛ぶホタルは手で捕まえることもできました。
虫かごに入れて観察して、逃がしてやりました。
初めてホタルを見る人(大人)も。

ホタルは年々減って来ているといいます。ホタルの生息地も減っているようです。
ホタルの名所は有名になるとやってくる人が増えてホタルがいなくなるともいいます。

実はこうして大人数でホタルを見に行くのはなかなか難しいのです。
今回、有馬富士学習センターさん、キッピーフレンズさん、有馬富士公園管理事務所さんのご協力があって実現できました。 本来午後5時以降は閉園ですし、雨やトイレの心配をしなくてすむというのは結構大事なことなので。

三田には人に言えないホタルが乱舞する場所がたくさんあります。
ホタルは意外に近くにいるかもしれません。
静かに、少人数で、周りに迷惑をかけないように、ホタル観察に出かけてみてください。


----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------