2015年6月1日月曜日

「まちの中にある生き物の宝庫 逆瀬川を歩こう!」参加レポート(その1)

5月30日(土) 宝塚市の逆瀬川で、
第7回宝塚学検定関連企画の「まちの中にある生き物の宝庫 逆瀬川を歩こう!」が
開催されました。

「生き物の宝庫、逆瀬川を歩こう」と題し、逆瀬川砂防堰堤の話も交えた学習会です。
宝塚市自然保護協会の自然観察指導員の方達と一緒に歩きました。


西山小学校が集合場所です
ここから班に分かれて出発しました 
最初に向かったのは
ほたるの里ピカピカランド
足立先生が、この施設の由来を説明されます
そして逆瀬川の道をを歩いて下って行きます
時折、川面に降りて川や植生を観察します
こども達のグループは川で大はしゃぎ
生き物を捕まえては宝塚市自然保護協会さんに
ナニ?ナニ?って教えてもらってます
大人のグループは逆瀬川の生態系や希少種の保護
外来種の影響・・・
そしてここが日本を代表する砂防の地であることなどを
学びました。
最後に宝塚市立勤労市民センターに集まり、おさらい。
 「まちの中にある生き物の宝庫 逆瀬川を歩こう!」参加レポート(その2)は
追って公開いたします。

--------------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
--------------------------------------------------------------------------