2014年11月30日日曜日

シンポジウム開催記念・妙見の森の紅葉

川西里山クラブから紅葉のたよりが着きました。

1)モミジの中を走る高原トロッコ(シグナス森林鉄道=正式名称)



シグナス森林鉄道がある妙見の森のすぐ北に位置する能勢妙見山は、
北極星を守護神に祭られ、星にちなんだ形状をした会館「星嶺(せいれい)」も
建造されるなど、星とは深い結びつきがあります。
夏の夜空には天の川をまたぐように、3つの1等星が「夏の大三角形」を作ります。
(3つの星とは、「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」、そして「はくちょう座のデネブ」です。)
シグナス“Cygnus”とは、夏の星座「はくちょう座」の学名です。
夏の夜空に広がる天の川をご存知ですか?
シグナス森林鉄道では、七夕伝説にちなんで二つの駅をそれぞれ「ベガ」と「アルタイル」と
名づけ、二つの星の間を皆さんの幸せを願ってはくちょう「シグナス」が天の川を翔(かけ)る
ように行き来するのです。

2)モミジとトラバント


トラバント(Trabant)は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)のVEBザクセンリンク(ドイツ語版)社が
生産していた
小型乗用車である。「トラビ」(Trabi)の愛称で親しまれた。名称はドイツ語で「衛星」「仲間」
「随伴者」などを意味する語。
1957年に打ち上げに成功したソ連の人工衛星「スプートニク1号」を賞賛して命名された。
(ウィキペディアより転記)

(「出会いの妙桜」、「シグナス森林鉄道」、「トラバント」、「北極星入口駅」、「空中ブランコ」で
いろいろと想像をめぐらせて下さい。)

3)一段と赤身の濃いイロハモミジ



私たちの活動基地(団栗小舎)の近く水禽窟にあるイロハモミジです。
赤みが濃いので撮りました。左に寄り添っている木はブナです。


4)モミジ山




日本の里山はこのように全山モミジに覆われます。このような里山の原点を忘れがちです。

スギ、ヒノキ林は1年中緑で面白みがありません。

-----------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
------------------------------------------------------

有馬富士公園きのこ観察会レポ!(わんばージョン)

7月22日(土)に開催された有馬富士公園でのきのこ観察会のワンカメラレポです(>_<) 黄色と緑のコントラスト 今日は有馬富士公園で活動されている緑の環境クラブ 20周年記念イベントの一つ、「きのこ観察会」です 緑の帽子は三田市の「緑の少年団」...