2014年2月8日土曜日

謎は解けた? サポーターズクラブ姫路研修

2月5日(水) に行われた「北摂里山サポーターズクラブ」の姫路研修のレポートです。

最近、注目されているの3Dプリンターで作られた千姫・・・
なわけありませんが、今回の研修は何かと話題の姫路です
(写真は姫路城内の人形)

今回は大型バスを利用
2画面TVで里山関連のDVDも放映
(途中振動でハングアップしました(T_T))
欠席者0、永遠の0(関係ないですが大ヒットだそうで) 
順調にバスは進んで最初の訪問地、大阪ガス姫路製造所へ

エネルーギー館という施設に入ります

姫路製造所の概要も興味深かったです

ここで行われている絶滅危惧種の保全についてスライドを見て、、

今回エスコートしていただいている橋本先生の
案内でさっそく現地に向かいます
製造所の建物の写真の撮影は禁止されていますので
載せれませんが「工場萌え」にはたまらない風景です
現地に着きました
当然ではありますが人工島の中にある人口の林です
ここでいろいろな観察が行われています
絶滅危惧種の移植だけではありません
本当は生殖地で保護していくのが一番だけど
これはその地で果てていく植物を救う
一つの方法だと橋本先生はおっしゃいます
ここには鹿や猪はいません
それがよいのかどうかは別として
参加者も希少植物をカメラにおさめていました

エネルギー館まで戻ってきました
エネルギー館の前ではビオトープづくりが行われています
食事の後、館内を見学しました
これは地球上の現象を浮かび上がらせることができる
ホロスコープのような地球儀です
地球の温暖化が進む様子などもシュミレーションされます
エネルギー館のガイドさんです
バスで製造所を車窓して回った時も説明をしていただきました

地球儀はフォース(古い?)のように手のひらの圧力移動で
動かすことができます
玄関で写真を撮りました
これから姫路城へ行きます
姫路製造所のみなさん、
あたたかいおもてなしありがとうございました
思いのほか、道が混んでました
姫路城に着いたあたりから寒さが増してきて
雪が吹雪いてきました
まず姫路城の迎賓館でお城の植生についてお話を聞きます
迎賓館は普通は入れない場所です
管理事務所の方の案内で、姫山原始林に向かいます
雪はましになっていました
石垣に生える植物や外来種は足場を組んで
自衛隊が除去作業をするのだそうです



そう言えば自衛隊による大阪城の掃除(石垣も)が年初めにニュースになってました
大阪城では初めてだそうです

姫山原始林に入りました
ここも通常は立ち入り禁止区域です
姫山原始林についての説明はまたあらためて
ナニかお宝を見つけた?と写真を撮る人たち
持ち出しは厳禁ですので
姫路城内に向かいます

しゃちほこっ!
あの、お菊さんの井戸だそうです・・・
平成の大修理の公開は終わっています
足場を外すのにも1年がかりだとか

日がさす時間もありましたが
寒いのと時間がおしていたのとで
最後は駆け足での見学となりました
姫路城管理事務所の方、ボランティアの方、
寒い中ありがとうございました。
外よりもお城の中の方が寒かった・・・
大阪ガス姫路製造所での試み、姫路城における外来種との戦い、世界遺産であるがゆえの
植生管理の難しさなどは別途レポートの予定です。
北摂の里山の保全活動に活かせる、参考になるお話や事象があったのかどうか
案内パンフレットに書いてあった思わせぶりな謎は解けたのか、こうご期待!

-------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
--------------------------------------------------------------------