2013年8月15日木曜日

【お盆特別企画】「DOCUMENTARY of  A 面 K ara B 面 41℃

お盆なので(?) 思いっきりだっせんします

☆1ステージ1億円の赤字
某国民的アイドルグループのドームコンサートに行ってきました。
京セラドームでおこなわれたコンサート。
動員は3万人だそうです。
メインステージまでの距離は野球と同じですから遠い席からは顔は
米粒くらいにしか見えません。

なので内外野に十字にステージを伸ばして近くまで来てくれるような舞台に
してあります。
また超巨大スクリーンが3つもあるので、あますことなく表情を
見ることができます。

コンサート単体だけでいくと1億円の赤字だそうです。
今をときめく時代の寵児としてはやりたいことすべてぶちこんだのでしょう
それほどすごい舞台装置でした

自分を売り込むべく彼女たちはステージの端から端まで移動します。
歌は口パクとはいえ、つねに笑顔を振りまかないといけないので
相当キツいはずです。

実際、このグループはある失敗をしてきているのです。

☆戸惑いが悲劇を生んだ
2年前の西武ドームコンサート。
専用劇場を持ち、ほぼ毎日ステージに上がっていた彼女たちにとって
大規模とはいえステージ慣れはしていたはずです。
ところが初めての球場の広さは想像を超えるものでした。
いくら大人数とはいえ、その広さを使い切ることができませんでした。

初日の不出来さに総合プロデューサーのゲキが飛びます。
言われるまもなく、みな相当ショックでした。

2日目、彼女たちはステージを走り回りました。
演出なんて簡単に変えることはできないからです。
広い会場を活かすには走ることしかできなかったのです。

十字に伸びたステージの下は目隠しされた通路になっています。
その通路をしゃがんで移動することも体力を奪います。
加えてドーム特有の暑さ・・・

ステージの裏では過呼吸で倒れるもの、熱中症で倒れるもの・・・
担架で運ばれるもの 
そこには表舞台の華やかさとからは想像もできない光景がありました。

☆自分たちはもっとできるはず・・・
倒れ込んだ仲間が回復するまで時間をかせがなければならない
間が持たないからまた広い会場を走り回る・・・
すべてが消耗につながっていきました
こんなはずじゃない、自分たちはこんなもんじゃない
そんな焦りがあとさきを考えない体力配分につながりました。

なんか舞台裏を見てきたかのようですが、実はこれは映画になったのです。
そして大ヒットしたのでした。
但し、これを観た小さな女の子たちは口を揃えて言ったそうです。
「わたし、○○に入るのやめるっ」
それくらい観るものにとって彼女たちの姿は感動を通り超えて痛々しかったのです



~予告編~ (DVDがレンタルされてます。興味のある方はどうぞ)

物事には表(A面)と裏(B面)があります。(CDの時代では死語となってますが)
この歳でアイドルにかまけてると見られるのは恥ずかしい話なのですが、
私は彼女達のB面のファンなのです。
ですから握手会に行ったこともなくCDを買い込むこともありません。
いわゆる「推しメン」もいません。(唯一関心を持っていたカリスマは卒業しました)

自然保護活動とアイドルを同列に論することは不謹慎とは思いますが
里山の保全活動を違う目で見ている人も少なからずあります。
誤解を解こう、理解してもらおうとすると大きなエネルギーが入ります。
そこにも一定のエネルギーを費やすのか
わかる人だけにわかってもらえればいいやとばっさり切り落とすのか
日本最高気温41℃の日にふと思いました

ちなみに西武ドームの後、彼女たちの環境は大きく変わりました。
西武ドームの失敗は彼女達のせいではありません。
そもそも10代の少女になにを求めるのでしょう
責められるのはプロの集団である運営陣の方でした。

酸素吸入器が導入され、メンタルケアスタッフが常駐し
握手会も着席対応が許されるようになりました
おそらく京セラドームの十字通路の移動も滑車か何かを使っているのでしょう

とまあ、変に講釈をたれましたが
単純にわたしは彼女達から元気をもらっています。

もっとも最近の元気のもとは あまちゃん ですが(^o^)

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
--------------------------------------------------------------------

有馬富士公園きのこ観察会レポ!(わんばージョン)

7月22日(土)に開催された有馬富士公園でのきのこ観察会のワンカメラレポです(>_<) 黄色と緑のコントラスト 今日は有馬富士公園で活動されている緑の環境クラブ 20周年記念イベントの一つ、「きのこ観察会」です 緑の帽子は三田市の「緑の少年団」...