2013年6月2日日曜日

ルールを変えるということ


レスリングのルールが改正されようとしています。
オリンピック競技としての生き残りをかけてです。
野球・ソフトも大胆なルール変更が検討されています。
オリンピックのためにルールを変更してしまうのはどう
なのか?なんですが、
これまでもたくさんの競技がルール変更されてきているのです。

時には一国が強すぎるので、足かせをすることが目的のルール変更も
ありました。
TVの中継枠に収める為の変更もありました。

伝統の競技であっても伝統を守り続ける為には、
イコール、競技人口を維持していく為には
注目され続けなければならないのです。
たとえそれが競技の根源を曖昧にしてしまうようなルール改正で
あったとしても。
もはやオリンピックはスポーツの祭典ではなくゲームの祭典なのです

自然を守るという行為も場面によって解釈が変わって来ています。
「自然のままに手をつけない」というルールから
「自然をある程度コントロール」するというルールに。
果たしてそれが地球という惑星的にいいのかどうかは別として。

そして忘れ去られない為に「里山」という概念も生まれました。
注目を引きつける為に生まれた言葉は「ミュージアム」です。

惑星、
忘れ去られること、
忘却
英語で言うとoblivion(オブリビオン)
というわけで オブリビオン 観てきました。
(そうなの、そっちなの?)

あ、一応、欧米人が描く里山のシーンもあります。

--------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/

--------------------------------------------------------------------




有馬富士公園きのこ観察会レポ!(わんばージョン)

7月22日(土)に開催された有馬富士公園でのきのこ観察会のワンカメラレポです(>_<) 黄色と緑のコントラスト 今日は有馬富士公園で活動されている緑の環境クラブ 20周年記念イベントの一つ、「きのこ観察会」です 緑の帽子は三田市の「緑の少年団」...