2013年5月20日月曜日

伊丹バルと痛いバラ?

清酒発祥の地、伊丹のバル。
武勇伝がネットでは上がっていますが
私が行った頃は時すでに遅し?でした。
昼からやって、もう終わってる店や
売り切れてる店
人気のある店は長蛇の列。。。。

(ほんとのバルっ子は深夜からがおもしろいんでしょうがね)
そうはいってもチケットを持ってる以上はなにかを食らわねばと、いっしょに行った息子と相談。まず1件目はすぐ入れるところに。
ちょっとお腹に入ったので2件目は並ぶことに。
次のお目当ての店は3階にあるので階段を並ぶことになりました。
階段でならんだのは某国民的アイドルの難波劇場に行って以来・・・
(そこ、つっこまないように)

ちなみに冒頭のダンスはセカンドライフの住民です。

お祭りや踊りは里山と深い関係があります。。。と無理矢理持ってきて。

伊丹は山がないので里山と縁が薄いのではと思われるかもしれませんが
清酒発祥の地としては、古来は里山の幸と燃料を一番使ってたわけです。
山ではないけれど「伊丹台地」には里山の暮らしがあり、その自然は大阪平野に影響を及ぼしていた言われます。(そのへんは荒牧バラ公園のみどりのプラザで知ることができます)

さて、
路上ライブもあり、ちょっと早めの夏を楽しんだ感じです。
そしてちょっと早めの夏休み体験ということで、この土曜日はいよいよ、こども北摂里山探検隊!
昆虫探し行ってきます! 天気もよさそうです。

(あ、タイトルもつっこまないように)